講師紹介 Teacher

管楽器
石川翔太

石川翔太ベース/フルート/ジャズ理論

神戸生まれ。5歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。
16歳よりベースに転向、神田芳郎・鷲見和広に師事。2007年より、奨学金を得てバークリー音楽大学に留学。ベースをBruce Gertz, Barry Smith、作曲をScott Free, Greg Hopkins等に師事。演奏科とジャズ作/編曲科を2010年に卒業。2007年よりジョージ・ムラーツと出会い、後に弟子として認められる。現在NY在住のピアニストMatt Savageとの日本ツアーやNY Birdlandへの出演など、NYでもプロとして活動後、日本に帰国。LA在住のピアニストJosh Nelsonとの日本ツアー、チェコ共和国を代表するピアニストEmil Viklickyの来日公演への参加、Jeff Hamilton(ds) TrioのレギュラーピアニストであるTamir Hendermanの共演、オランダ出身のピアニストMike Del Ferro, ドラマーのSebastiaan Kapteinとのツアー等、関西に拠点を置きながらも国際派として活動している。自身のバンド、同い年のピアニスト二見勇気とのDuo、来日ミュージシャンのツアーベーシスト、フルーティストとしての活動、ジョージ・ムラーツ研究家としてのベーシストへの個人レッスンなど活動は多岐に渡る。

講師より良く「一つの楽器を一生かけて極める」など聞きますが、楽器もやりたい事も一つに絞る必要は無いと思います。自分に素直にやりたい事をやりましょう!それが多ければ多いほど全部頑張らないといけませんが…笑 理論を勉強していて急にパズルが解けたかのように理解が進むのと同じで、違う楽器(音楽のジャンルも然り)を学ぶ事は必ず貴方の音楽性と心を豊かにします。サックスの方が「持ち替えで吹いてるだけじゃなくて、もっと勉強したい…」やピアニストの方が「ベーシストの立場を理解したい…」等、生徒さんの要望に合わせて対応いたします。もちろんメイン楽器としてのベース/フルートを極めたいと思っている方(プロ志望の方も)には必要に応じて”厳しく”も”優しく”もレッスン致します。一番重要なのは、”音楽”と”楽器”を嫌いにならない事です。これから一緒に続けていきましょう!!

岩本敦

岩本敦トランペット

甲南中学校に入学し、トランペットおよびJazzに出会う。高校在学中、スチューデントジャズフェスティバルにおいて、トランペットのセクション賞を受賞。大学においてもビッグバンドジャズを続け、学校内外で様々な著名人と競演。卒業後に改めて音楽の勉強をするためにアメリカのマサチューセッツ州にあるBerklee college of musicに入学。日本では田中洋一氏、嶋本高之氏に。アメリカではタイガー大越氏、Greg Hopkins氏等に師事をする。現在は関西圏を中心に主にジャズのビッグバンドで活動中。

講師より初心者から経験者まで、各々に合わせたレッスンをします。トランペットだけでなくジャズのことなど、様々なことに対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

木山亮子

木山亮子クラリネット

大阪音楽大学音楽部器楽学科クラリネット卒業。 在学中、大阪アーティスト協会主催コンサート、卒業後、和泉の森フレッシュコンサートに出演。大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーと共演、NHK文化センターにて公開講座を開講。
オーケストラ、吹奏楽、室内楽、ソロなど幅広く活動する傍ら、文化庁青少年育成事業として、全国の小中高校への学校公演、レッスンなど、後身の指導にあたっている。 クラリネットを本田耕一、長門由華、藤井由香 の各氏に師事。

講師よりこれから皆さんとクラリネットを通じて、楽しい時間を過ごしたいと思っています。生徒さん一人一人のペースで、丁寧なレッスンを心がけていきたいと思います。いつか吹いてみたかったあの曲が吹けるようになるように、そしてもっと演奏することが楽しくなるように、目標に向かって一緒に頑張りましょう。

佐竹寛美

佐竹寛美トロンボーン

1987年広島県出身。6歳よりピアノを、12歳よりトロンボーンを始める。高校を卒業後、甲陽音楽学院神戸校に入学、谷口知巳氏に師事。現在はthe Global Jazz Orchestra、Shojiro Yokoo & his Big Bandに所属し、各バンド共にBass Tromboneを担当する一方、自身がリーダーのアンサンブルバンドHiromi Satake Sextetをメインに、2TromboneやQuintetでのライブ活動も精力的に行っている。

講師より初心者から経験者まで、基礎を大切に楽しく丁寧に指導します。

里村稔

里村稔サックス

幼少期にジャズやフュージョンを聞き始め、アルトサックスを始める。大学に進学し、本格的にジャズに取り組みテナーに転向。 独学でジャズを学ぶ。コンテストで様々な賞を受賞。98年には、グローバルジャズオーケストラとアメリカのモンタレージャズフェスに参加。 韓国をはじめ海外にもひろげ、ライブハウスを中心に活躍中。これまでケニーワシントン、ルイスナッシュ、クリフトン・アンダーソン、ボビー・シュー、ビル・ワトラス、渡辺貞夫、村上ポンタ秀一、東原力哉、原大力、多田誠司、MALTAなど内外の有名アーティストと共演。 現在、古谷充ネイバーフッドビッグバンドや自己のカルテット、クインテットを中心に活動。オーソドックスなジャズを基本にしているが、そのプレイスタイルは幅広く、ジャンルを問わない。

講師より音作りから実践的なフレーズの作り方まで、初心者の方から経験者の方まで、その方に合わせてレッスンを進めていきます。 楽器はいつから始めるかではなく、いつまで続けるかだと思います。一緒に音楽を楽しみましょう!

高橋知道

高橋知道サックス

1981年11月2日生まれ、広島県出身。 高校3年の時スチューデントジャズフェスティバルにて、バークリー賞を受賞する。卒業後大阪音楽大学に入学、サックスを土岐英史(AS)に師事する。 在学中からプロ活動を開始し、2003年第一回守口、門真ジャズコンテストでグランプリ、オーディエンス賞、ベストプレーヤー賞を受賞。2004年浅草ジャズコンテストバンド部門でグランプリ受賞。2007年NYへ渡米、現地でデイヴリーブマン(TS)、ジョーイカルデラッツォ(P)など、数々の超一流ミュージシャンとジャムセッショ ンを重ねる。ラテンバンド『サムワンヒル』で日本で初めてブルーノートレーベルと契約した黒田卓也(TP)とともにホーンセクションをつとめ、NYのメディアにも何度か出演した。2008年第二回神戸ネクストジャズコンペティションにてグランプリ受賞。 現在は自己のバンド(new impression)、嶋本高之(TP)アンサンブルラボ、宮本直介(B)バンド、大塚善章(P)バンド、CM録音、レッスンなど全国的に活動している。

講師より初心者の方もアドリブを勉強したい!という方も楽しく、丁寧に教えます。 お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ