講師紹介 Teacher

弦楽器
石川翔太

石川翔太ベース/フルート/ジャズ理論

神戸生まれ。5歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。
16歳よりベースに転向、神田芳郎・鷲見和広に師事。2007年より、奨学金を得てバークリー音楽大学に留学。ベースをBruce Gertz,Barry Smith、作曲をScott Free, Greg Hopkins等に師事。演奏科とジャズ作/編曲科を2010年に卒業。2010年バークリー音楽大学よりCharles Mingus,Outstanding Performer Award を授与される。学外でフルートをBurak Besirに師事。2007年よりジョージ・ムラーツと出会い、後に弟子として認められ現在唯一の彼の直弟子となる。現在NY在住のピアニストMatt Savageとの日本ツアーやNY Birdlandへの出演など、NYでもプロとして活動後、日本に帰国。LA在住のピアニストJosh Nelsonとの日本ツアー、チェコ共和国を代表するピアニストEmil Viklickyの来日公演への参加、Jeff Hamilton(ds) TrioのレギュラーピアニストであるTamir Hendermanとの共演等、関西に拠点を置きながらも国際派として活動している。他にもフルーティストとしての活動、また作・編曲家としてジャンル・楽器にとらわれない様々な活動も展開している。

講師より良く「一つの楽器を一生かけて極める」など聞きますが、楽器もやりたい事も一つに絞る必要は無いと思います。自分に素直にやりたい事をやりましょう!それが多ければ多いほど全部頑張らないといけませんが…笑 理論を勉強していて急にパズルが解けたかのように理解が進むのと同じで、違う楽器(音楽のジャンルも然り)を学ぶ事は必ず貴方の音楽性と心を豊かにします。サックスの方が「持ち替えで吹いてるだけじゃなくて、もっと勉強したい…」やピアニストの方が「ベーシストの立場を理解したい…」等、生徒さんの要望に合わせて対応いたします。もちろんメイン楽器としてのベース/フルートを極めたいと思っている方(プロ志望の方も)には必要に応じて”厳しく”も”優しく”もレッスン致します。一番重要なのは、”音楽”と”楽器”を嫌いにならない事です。これから一緒に続けていきましょう!!

奥谷聡子

奥谷聡子ヴァイオリン

相愛大学音楽学部音楽学科卒業。
在学中、ショパン音楽院のセミナーにてパウエル・ウオサケヴィツィ氏の指導を受け、ディプロマ取得。修了演奏会に出演。卒業後、多数の新人演奏会に出演し、エコールド・ロイヤル主催のチャペルコンサートには二年連続出演。和歌山音楽コンクール入選。現在、医療機関・施設・ブライダル・イベント等でソロ、アンサンブルで積極的に演奏活動を行っている。2015年、ヴァイオリンとチェロのデュオコンサートを滋賀県にて行う。

講師よりヴァイオリンは毎日の積み重ねが大切です。 コツコツと取り組み、楽しいレッスンをしましょう♪

篠原仁美

篠原仁美ヴァイオリン

同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。
平成22年、ウィーン国立音楽大学国際アカデミー ディプロマ取得。
新響楽器等、音楽教室ヴァイオリン講師として約8年間の指導経験をもつ。初心者から上級者まで個人のペースに合わせてレッスンします。

講師より楽譜が読めなくても大丈夫です。楽しくレッスンしていきましょう。

潘董欣

潘董欣  エレキギター/ウクレレ

甲陽音楽院にてコンテンポラリージャズギターを専攻。土野裕司氏に師事。
卒業後、京阪神を中心に自身のフュージョンバンドやデュオ等でのステージ、ライブハウス、ブライダル等での演奏の他、後身育成にも情熱を注いでいる。最近ではジャズ、アンサンブル研究を進め、谷口知巳氏をはじめ多くの実力派ミュージシャン、ジャズオーケストラと共演を重ね、オリジナルスタイルの編曲や奏法を生み出す。

藪下学

藪下学  ジャズギター

高校在学中よりジャズギターを柴田達司氏に師事。
2003年ボストン・バークリー音楽大学奨学金試験合格。
2006年大阪音楽大学短期大学部ジャズコース卒業。
2011年より大阪音楽大学演奏員。
2012年Gaku Yabushita Groupファーストアルバム「Big Bang」全国リリース。 現在は自己のジャズグループ「Gaku Yabushita Group」での活動や、タンゴグループ「TactTango」などジャズだけにとどまらずさまざまなジャンルで活動中。

講師より何をするにも基本が大事です。楽しくゆっくり学んでいきましょう。

ページトップへ