講師紹介 Teacher

音楽理論・クリニック
石川翔太

石川翔太ベース/フルート/ジャズ理論

神戸生まれ。5歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。
16歳よりベースに転向、神田芳郎・鷲見和広に師事。2007年より、奨学金を得てバークリー音楽大学に留学。ベースをBruce Gertz,Barry Smith、作曲をScott Free, Greg Hopkins等に師事。演奏科とジャズ作/編曲科を2010年に卒業。2010年バークリー音楽大学よりCharles Mingus,Outstanding Performer Award を授与される。学外でフルートをBurak Besirに師事。2007年よりジョージ・ムラーツと出会い、後に弟子として認められ現在唯一の彼の直弟子となる。現在NY在住のピアニストMatt Savageとの日本ツアーやNY Birdlandへの出演など、NYでもプロとして活動後、日本に帰国。LA在住のピアニストJosh Nelsonとの日本ツアー、チェコ共和国を代表するピアニストEmil Viklickyの来日公演への参加、Jeff Hamilton(ds) TrioのレギュラーピアニストであるTamir Hendermanとの共演等、関西に拠点を置きながらも国際派として活動している。他にもフルーティストとしての活動、また作・編曲家としてジャンル・楽器にとらわれない様々な活動も展開している。

講師より良く「一つの楽器を一生かけて極める」など聞きますが、楽器もやりたい事も一つに絞る必要は無いと思います。自分に素直にやりたい事をやりましょう!それが多ければ多いほど全部頑張らないといけませんが…笑 理論を勉強していて急にパズルが解けたかのように理解が進むのと同じで、違う楽器(音楽のジャンルも然り)を学ぶ事は必ず貴方の音楽性と心を豊かにします。サックスの方が「持ち替えで吹いてるだけじゃなくて、もっと勉強したい…」やピアニストの方が「ベーシストの立場を理解したい…」等、生徒さんの要望に合わせて対応いたします。もちろんメイン楽器としてのベース/フルートを極めたいと思っている方(プロ志望の方も)には必要に応じて”厳しく”も”優しく”もレッスン致します。一番重要なのは、”音楽”と”楽器”を嫌いにならない事です。これから一緒に続けていきましょう!!

竹中真

竹中真竹中真 ジャズクリニック

国際基督教大学教養学部卒業、同大学院教育学科修士取得、博士課程入学後、ボストンのバークリー音楽大学に留学。最優秀賞にて卒業後、演奏活動を経て日本人初のバークリー音楽大学助教授になり、準教授に昇格。この間ボストンカレッジ大学、マサチューセッツ工科大学、ボストン大学、ノースイースタン大学、ブランダイス大学などでも教鞭を執る。 近年バークリーよりマサチューセッツ大学とブリッジウォーター大学に籍を移し、2008年9月からイートン大学でも教鞭をとる。1000曲以上の幅広いレパートリーがあり、ジャズスタンダード、ポップス、クラシックなど多岐にわたっているが、日本や世界の伝統的な民謡や童謡などをジャズ化することが特徴のひとつ。 モスクワ音楽ホール(ロシア)、ブカレスト国立劇場(ルーマニア)、ブダペスト・ヴィガドホール(ハンガリー)、オタワ国立劇場(カナダ)、サンホセ国立劇場(コスタリカ)、ブラジリア国立劇場(ブラジル)、ソウルアートセンター(韓国)などで自己のコンサートを行い、カナダやロシア、日本でも多くの講義も行っている。CDや著書もあり、雑誌「J」に竹中真のトークライブ、「ジャズライフ」にアメリカのピアニスト生活を長年連載した。現在、同志社女子大学特任講師。

ページトップへ